Welcome to my homepage

コース一覧

 ご相談・見学歓迎いたします。
お気軽にお問い合わせください。


Hさん 聖路加国際大学 看護学部、慶應義塾大学 看護医療学部に合格

受験を振り返って

 慶應は最初は無理だと思い、受けるつもりすらありませんでしたが、先生に背中を押されて受験を決めました。倍率が高くとても不安でしたが、まさかの合格!思わず先生に写真を送ってしまいました!合格者6人という狭き門に入れたことは、私一人の力では成し得なかったことです。先生方に導いて頂けたおかげで、とても励みになりました!

 聖路加はとにかく学科試験の勉強に力を入れました。海外経験があり、英語は土台がありましたが生物は0からの勉強でした。最初は不安でいっぱいでしたが、だんだんわかる範囲が増えていくのは嬉しくて、本番では完璧とはいかないまでも、自信を持って解くことができました!

千代田ナイチンゲールセミナーを選んだ理由

 面談にいったとき、まだ入ってもいないのにすごく丁寧に相談に乗って頂いたことと、難関校にも関わらず「なんか合格できそう」と謎の自信が湧いたで決めました。そして今思うとあのときのアドバイスはどれも的確で、本当にその通りになりました。

合格の勝因

 いろいろな経験をアピールできたことだと思います。大学を卒業したばかりで正社員経験はほとんどなかったため、学生時代にした経験や、これだけは負けない!ということをアピールしました。また、看護師になりたいのはみんな一緒ですし、どの学校でも看護師にはなれるので、先の目標までを明確にして、「自分が目指す看護師はどのようなもので、なぜこの学校でなければいけないのか」ということを強く伝えるようにしました。


講師よりコメント

 Hさんは20代とお若く、スラリとしたスポーツウーマンでした。まず、知らない方のいない大学をご卒業後、正社員としてお勤めでしたが、ご家族の介護のために退職されていました。

 他のご家族のご協力もあって勉強に専念できることになり、看護師の資格を一日でも早くとりたい、ご両親を安心させたい、とお考えになった上で、当セミナーの門を叩いて下さったということでした。

 御留学の経験があり語学が堪能、履歴書も綺麗ですし、スポーツをなさっていたということで溌剌とされていました。

 今までのご経験を生かさないのはあまりにももったいないので(ご本人は「大学は難しいと思いますから高等看護に入れたら、充分嬉しいです。准看護学校でも、合格できたら働きながら通えるので、それもいいと思います」と謙虚でしたが)かなり強く学士入試受験をお勧めした記憶があります。

 しいて言えば、聡明でいらっしゃるがゆえに、面接でのお話ぶりがやや抽象的でした。そこで「ヒューマンケアという点を考えて解りやすく低姿勢で」というアドバイスをいたしました(いってしまえばその程度のアドバイスでOKでした)。聡明でいらっしゃるのは履歴書とご本人でわかるからです。それ自体は悪いことではないのですが、少しアカデミックなきらいがありました。大学だとそれはプラスの部分でもあるのですが、看護はあくまでヒューマンな視点が最初にあります。

 Hさんはお若く柔軟なので、こちらの話を良く聞いて下さり、面接にも生かして下さったようでした。元々の聡明さや明るさに加えて、人間性もアピールした結果、見事なダブル合格でした。

 まだまだお若いので、現場で働くことはもちろん、色々な選択肢があると思います。

 学生生活を楽しみつつ、いつの日か、国際看護師として働かれるという素敵な夢を実現させてくれるでしょう。

お問い合わせ先
〒101−0051
 東京都千代田区神田神保町1丁目40 豊明ビル三階302(神保町駅 A5出口徒歩3分)

 電話
 03−3293―8088
 通じない場合はこちら 090―9672―2353
 ※留守電にご連絡先を残してください。こちらからかけ直します。
 メールアドレス seminar@chiyoda.fair-e.net
 ※お電話いただく場合は平日17:00以降、もしくは土日が繋がりやすいです。
 授業中で電話に出られない場合は折り返しご連絡いたします。
 お急ぎの場合はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。
メールでの対応が最速です。


▲pagetop